繁忙期に雇用される契約社員の一種

期間工は工場などの製造現場で多く見られる雇用形態です。製品の生産数が急増する繁忙期に限って雇用されるのが特徴で、法律上は契約社員の一種と見なされます。一般的な契約社員は一定期間ごとに雇用契約が満了し、その都度契約更新の有無を確認します。一方で期間工は繁忙期の人手不足を補う目的で雇用される臨時の工員なので、繁忙期が終わるのとほぼ同時に契約期間が満了し、契約は更新されません。次の繁忙期の雇用が約束されるケースもありますが、それでも一定期間は仕事がない状態になります。そのため、期間工は長期的な就労を望む人には不向きと言えるでしょう。逆に短期間だけ働きたい人や製造現場の雰囲気を知りたい人には最適な働き方です。

工場を運営する会社が直接雇用する

雇用期間が限られている期間工は仕事内容から派遣社員と同一視されることがあります。しかし期間工と派遣社員はそれぞれ雇用主が異なります。期間工は工場が運営する会社に直接雇用されている労働者であるのに対し、派遣社員は派遣会社に在籍したうえで工場に出向いているのが特徴です。派遣社員は就労先の規則に沿って働くものの、雇用に関する責任は派遣会社にあります。就労時間や待遇は派遣会社の管轄なので、何らかの問題が生じた場合は派遣会社に確認しなければいけません。一方で期間工は就労に関するすべての責任が工場を運営する会社にあります。就労時間や雇用期間、給与など働き方に関する事柄のすべては会社が決めることなので、問い合わせは会社に対して行うのが正しい方法です。

工場の転職を行う際、前職での経験を生かせる求人を選択すると、キャリアアップすることが出来ます。年数を積むと、工場内での作業業務からマネジメント業務へステップアップすることが可能です。