工場の求人で募集されることが多いライン作業とは

工場の求人で募集されることの多い仕事内容にライン作業があります。ライン作業では、ベルトコンベアで流れてくる製品の組み立てや加工などを行います。一つの作業を複数人で担当することが多く、未経験者でも採用されやすいのが大きな特徴です。流れを止めないためにもある程度のスピード感が重要になりますが、一つの作業を担当することが多く同じ作業の繰り返しになるので、すぐに自分のペースを掴んで働くことができます。一人で集中して作業をこなしたいという方におすすめな仕事となっています。 また、ライン作業は工場によって作業内容が大きく異なるのも特徴で、自動車メーカーの場合は、機械の組み立てや加工、食品工場の場合は、素材のカットや計量、箱詰めやトッピングなどが仕事になります。

ライン作業以外の工場での仕事

工場にはライン作業以外にもたくさんの仕事がありますが、作業現場で募集されることが多い仕事は、製造ライン管理の仕事やピッキング作業になります。ライン管理は、製造ライン作業全体を管理するのが主な仕事で、機械のトラブルへの対応や一定のスピードでスムーズに流れているかなど全体を把握することが大切です。また、急な休みなど欠員が出た際の対応もライン管理の仕事となっており、冷静に対応できる判断力も必要になります。
ピッキング作業は、伝票や指示書に従い商品や部品などを集める仕事になります。工場内を動き回ることが多く体力が必要な場合もありますが、未経験者でも採用されやすい仕事です。工場によってはフォークリフトで作業する場合もあるので、そういった場合はフォークリフト免許が必要になります。